みずほ銀行カードローン勤務先電話は?在籍確認情報 審査基準について

MENU

みずほ銀行カードローン勤務先電話は?在籍確認情報 審査基準について

 

 

 

3大メガバンクの中でもみずほ銀行カードローンは安心感があると評判です。

 

みずほ銀行カードローンでは収入のある方ならお金を借りれます。

 

・金利4.0−14.0※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。

 

 

 

一気に全てを返す時には実店舗に行く必要があるみずほ銀行

 

カードローンを利用している方々は、たまに残っている金額を全て返したいと思う事があります。

 

例えば現在の残高が、30万円になっているとします。そして毎月の10日に、自動的に返している状況だとしましょう。

 

ところが人によっては、それを一気に返したいと思う事があるのですね。基本的に融資商品というのは、速やかに返す方が手数料は低くなる事が多いですね。

 

多数の回数で返し続けるよりも、やはり一気に返してしまう方がリーズナブルになる事が多いのです。

 

その方が後々が楽ですし、返せる時は返した方が良いと思いますね。

 

ところでみずほ銀行でも、一気に返す事はできます。つまり毎月の10日を待たずに、一気に返してしまう事もできる訳ですね。

 

ただしその際には、返す方法がある程度限定されてきますので注意が必要です。

 

この銀行の場合は、主にATMやインターネットのシステムを用いて返す事ができるのですが、

 

一気に返すとなると方法は1種類に限定されるのです。実店舗で返す事になるのですね。

 

ですので一気に返すとなると、多少の手間はかかります。実店舗まで足を運ぶ事が必要になるからです。

 

しかし前述のように手数料を考慮すれば、やはり一手間かけるメリットはあると思います。資金的な余裕が出てきたのであれば、ちょっと実店舗に足を運ぶ方が良いでしょう。

 

 

みずほ銀行カードローンは外国人でも借りれる?

 

カードローンや消費者金融での借金となりますと、外国人に対してはお金を貸し出していなかったり、厳しい制限がついていたりしますが
みずほ銀行カードローンでは、が黒人に対して貸し出しをしていなかったり、制限がついていたりするのでしょうか?

 

それについてでありますが、みずほ銀行カードローンでは、外国人のお金の貸し出しを行っております。

 

外国人の方に対しては、在籍を証明す書類があれば、日本人と盗用に借入申請を行うことが可能であります。

 

ただし、ちょっと旅行に来たような方とかですと、お金を借りるようなことはできませんので、

 

その部分につきましては注意が必要でありますが、そうでないのなら特に外国人だからといってお金を貸さないといったようなことはないのです。

 

 また、外国人の方であっても、日本人と同様に審査基準が敷かれており、

 

外国人の方も年収や、現在の借金の状況、借り入れ件数がどれだけあるのか
借入限度額の設定はどんなものなのかを審査したうえで、借り入れの決定を行います。 

 

ですので、日本にちゃんと在籍をしている外国人の方でありましたら、

 

お金を借りられないようなことはありませんので、安心してみずほ銀行カードローンを利用することはできます。

 

2つの年数が重視されるみずほ銀行

 

みずほ銀行で申込の手続きをした時には、融資可否の結果が伝えられる事になります。

 

インターネットで申し込みをした時にはメールで伝えられる事になり、電話申込の場合は電話で伝えられる事になりますね。

 

ところでその可否を判断する基準には、年数があります。

 

主に2つの年数が重視される事になるのですね。どちらも長い方が有利になります。

 

まずは会社に勤めている年数です。基本的にこの銀行の場合は、長く勤めている方が借りやすい傾向があります。つまり勤めている年数が1年くらいの方よりは、3年位の方が取りやすい傾向がある訳ですね。やはり勤めている年数が1ヶ月位ですと、ちょっと難しい傾向があります。

 

それともう一つ年数があって、住宅に住んでいる長さですね。それもやはり、長い方が有利になる傾向がありますね。3年くらいの方よりは、やはり10年くらいの方が借りられる確率は高いでしょう。

 

ただ住宅の場合は、保有物件なのか借り物件なのかに左右される事になります。たとえ年数が短めでも、分譲物件に居住している方の場合は、この銀行では借りやすい傾向があります。

 

ですので必ずしも年数が重視されるとは限らない訳ですね。ケースバイケースと言えるでしょう。

 

 

みずほ銀行に電話をしてから借りる為のカードを受け取るまでの流れ

 

みずほ銀行の融資商品は、実は電話で申し込みをする事は可能です。

 

その流れなのですが、まずはみずほ銀行に対して電話をする事になります。その際に、様々なヒアリングなどが行われる事になるのですね。

 

ちなみにみずほ銀行の電話の受け付け時間は、現時点では9時から20時までとなります。

 

なお平日のみ受け付けとなり、土日などは電話受け付けはクローズされています。

 

第2段階は、融資可否の通知です。第1段階でヒアリングした内容を元に、申込書に対して融資が可能かどうかを伝える事になる訳ですね。

 

その際の通知方法は、電話になります。インターネットと違って、メールで伝えられる訳ではありません。

 

第3段階は、みずほ銀行に対して書類を送る必要があります。

 

みずほ銀行から書面が送られてきますので、それに必要な内容を順次記入して、この銀行に郵送する事になる訳ですね。

 

その際にて身元を確認できる書面も必要になってきます。そして第4段階としては、カードが送られてくるのですね。

 

以上の4段階の流れになりますが、インターネットと違って若干時間がかかりますね。

 

第3段階な郵送になるので、ちょっと時間がかかるのが特徴的です。

 

急いでいるのであれば、実店舗もしくはネットあたりでカードローンの申込をするのが良いでしょう。

 

 

みずほ銀行カードローン在籍確認されたくない!キャッシング審査で電話かかってくる?

 

カードローンを利用する際には、審査時に在籍確認のための電話連絡が勤務先にありますが、

 

これに拒否反応を示す人が意外と多くいます。

 

理由としては、プライベートな問題、しかも借金の申込みを勤務先の同僚に知られるのは嫌だというもので、そう考えるのは無理もないことです。

 

しかし、通常の場合には、カードローンの勤務先への電話連絡は個人名での連絡となりますので、余程のことがない限りは勤務先にバレることはありません。

 

それは理解しているが、それでもやはり電話連絡はしてもらいたくないという場合にはどうすればよいのでしょうか。

 

 

メガバンクの一つで低金利が評判のみずほ銀行カードローンの場合にはどうでしょうか。

 

原則として、みずほ銀行カードローンの場合には、在籍確認のための電話連絡が行われています。

 

実際に審査をするのは、保証会社のオリコとなりますが、銀行名または個人名での電話連絡が入ることになります。

 

ただし、レアケースですが、電話連絡無しでも審査に通ったという口コミも散見されますので、

 

利用限度額が少額な場合などについては事前に相談してみる価値はあるかもしれません。

 

みずほ銀行カードローンの場合には、自身に収入がある でも契約可能なカードローンですので、

 

の場合には言うまでもなく在籍確認は行われません。

 

この の場合には借入限度額が30万円と制限されていますので、

 

これを目安として、事前に相談してみると対応してもらえることもあるかもしれません。

 

 

ただし、これらは対応してもらえたとしてもレアケースに過ぎませんので、初めから当てにして申し込みはしないほうが良いでしょう。従って、どうしても勤務先に確認の電話連絡をしてほしくない場合には、それに対応してくれるカードローンに申込む必要があります。

 

ほとんどのケースでは、対応可能なのは大手の消費者金融系のカードローンとなります、これらの場合には、電話連絡の代わりに他の方法で在籍が確認できればそれで契約が可能となります。代わりの方法とは、直近の給与明細書とかの書類提出などが一般的です。

 

また、最近では、ネットバンク系のカードローンが一定の条件の下で勤務先への電話連絡無しで契約できるようになっています。

 

一定の条件とは、まず、ネットバンクに口座を所有していることと、商品が10万円、30万円、50万円の3タイプのみで、かつ、適用金利が一律というものになっており、これらの中での申込をするということになります。

 

 

 

みずほ銀行カードローンは派遣社員でも借りれる?どうしても今日中にキャッシングしたい

 

みずほ銀行カードローンは、20歳以上66歳未満の安定した収入を得ている人を対象とした商品で、日常生活をサポートすることを目的とした商品です。

 

このために、事業性資金以外であれば資金使途は自由で、生活費としてだけではなく、飲み会や旅行、買い物などのレジャー目的での利用も可能です。

 

ちなみに、安定した収入とは定期収入を得ているということで、雇用形態についての表現ではありません。つまり、 や派遣社員、 タイムなどの非正規雇用で収入を得ている人も対象に含まれています。

 

なお、みずほ銀行カードローンは、2,015年の2月よりエグゼクティブプランとコンフォートプランという2種類のメニューを用意しています。

 

エグゼクティブプランは、200万円〜1000万円までの100万円単位で、

 

コンフォートプランは、10 万円・20 万円・30 万円・50 万円・100 万円〜1000 万円という分類となります。

 

ちなみに、金利は利用可能額により変動する仕組みを採用しており、

 

エグゼクティブプランでは

 

200万〜300万円が年7.0パーセント、

 

300万〜400万円が年6.0パーセント、

 

400万〜500万円が年5.5パーセント、

 

500万〜600万円が年5.0パーセント、

 

600万〜800万円が年4.5パーセント、

 

800万〜1000万円が年4.0パーセントで、

 

 

コンフォートプランは

 

10万円〜100万円が年14.0パーセント、

 

100万〜200万円が年12.0パーセント、

 

200万〜300万円が年9.0パーセント、

 

300万〜400万円が年7.0パーセント、

 

400万〜500万円が年6.0パーセント、

 

500万〜600万円が年5.0パーセント、

 

600万〜800万円が年4.5パーセント、

 

800万〜1000万円が年4.0パーセントです。

 

なお、一般的な個人向けカードローンと同様に審査時間が短いということが最大の魅力で、最短で即日融資が可能です。

 

このために、どうしても今日中にキャッシングしたいという急いでいる場面でも対応できる内容を備えています。

 

また、この商品はみずほ銀行に口座を保有している人だけを対象としたものではないので、これまで利用したことがなかった人でもカードローン審査に申し込むことが出来ます。

 

その際に準備しなくてはならないものは、運転免許証や健康保険証などの身分証明書と印鑑で、担保や保証人は必要ありません。ただし、希望額が200万円を超える場合は源泉徴収票などの収入証明書が必要となります。
"