モビットカードローンの在籍確認 WEB完結とどっちがいい 職場電話されたくない方は必見

MENU

モビットカードローン詳細情報

 

 

モビット金利 3.0%−18.0% 
・モビットは即日審査可能。
※平日14:50までに審査完了で、今日中にお金を借りれます。
※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともあります。
・利用額 1万円から−最大800万円まで借りれます。
・スマホ申込み可能 モビットWEB完結プログラムが人気
・主婦、パート・アルバイトの方も、安定収入さえあれば平日14:50まで審査申込み完了で即日融資
・20歳から69歳以下の安定収入のある方。

 

モビット

 

モビットの利便性の高いローン申込機

 

最短5分とスピーディーにカードの受け取りができるのがモビットのローン申込機です。

 

画面の案内に沿ってお申し込みを開始するとモビット審査が行われます。

 

モビット審査の最終段階でモビット在籍確認が行われ、無事に通過したらカードが利用できるようになります。

 

ローン申込機は平日でも土日祝でもカードの発行が可能です。

 

夜9時まで営業しており、昼間は仕事があって来店できないと言う方でも大丈夫です。

 

駅や街などにたくさんのローン申込機があるため、幅広い地域の方で利用できます。

 

中は無人のため人目を気にせずにお申し込みができる、エアコンが効いているため夏でも涼しい、操作方法が分からなくなったら備え付けの電話でオペレーターに相談出
来るなど利便性の高いローン申込機となっています。

 

インターネットでモビットにお申し込みし、ローン申込機でカードを受け取りすると言った手順もあります。

 

ローン申込機のある場所はモビットのホームページで検索できます。

 

検索ボックスにて最寄りの駅や住所などを入力し、検索ボタンを押すだけと簡単です。

 

地図やアクセス情報も表示されるためにどうやって行けば良いか分かり易いです。

 

ローン申込機により営業時間が若干異なるため、検索でまずは確認してから来店して下さい。

 

 

 

モビットとはどんな消費者金融か

 

株式会社モビットというのは、消費者金融会社です。かなり有名ですから、知っている人も多いでしょう。

 

特にいえるのが銀行系であることです。最終的に三井住友銀行の傘下に入っています。

 

現在ではそれをきっちりとアピールしています。ちなみにモビットという会社名はMobileとMoneyのMoに加えて、今ではそれなりに認知されているデータ単位のBitを組み合わせて作られたものです。モビットの良いサービス、或いはその特徴として、早い審査があります。

 

モビット審査は早いことで有名です。まず、ウェブサイト上で申し込むをすることによって、大体30分程度で審査が終わります。もちろん、混雑次第ではあるのですが、むかなり早いことは確かでしょう。そして、すぐモビと呼ばれる無人契約機が全国各地に設置されていますから、非常に使いやすいところであるといえるでしょう。

 

モビットの金利としては、3.0〜18.0%になります。これは、消費者金融で見れば標準的レベルであるといえます。そんなに安いとは言いがたいですが、普通、といった程度でしょう。但し、上限が18.0%というのがややネックではありますが、それでも使いやすいところですし、使う価値はあります。

 

 

 

モビットWEB完結はおすすめのサービス

 

モビットには、色々とメリットがある企業であるといえます。モビットとは消費者金融であり、そして、三井住友銀行の傘下になっています。

 

そうした消費者金融になっています。銀行系とされてるいわけですが、それでもモビットは総量規制の対象になるわけですから、これは注意しておいたほうがよいでしょう。

 

前述の通り、モビットは三井住友銀行グループの傘下ではあるのですが、モビット自体は消費者金融としての金融庁から許可を受けています。

 

その為、年収の3分の1を超える額を貸してくれない、ということになります。

 

業者から見ますと要するに業者が年収の三分の一以上を貸すことが法的にできない、といえるのです。どこが違うのか、といいますと実はこれは明確に違うことになります。

 

貸せるのかどうかと貸してもらうことができないのか、というのはかなり違いがありますから、注意しましょう。

 

3.0%〜18.0%が金利になっています。これは安いのか、といいますとそこまでではないです。しかし、高いとは言いがたいので利用する価値はあるでしょう。

 

なお、銀行や、クレジットカード会社のショッピングは総量規制の対象外です(クレジットカードのキャッシングは対象です)。

 

 

モビットというのは良い大手金融業者です

 

モビットという消費者金融というのは、審査が早いことで有名でもあります。

 

モビット審査というのは、30分で早い場合は審査が完了するとしています。

 

ですから、非常に有難いことであるといえるでしょう。また、モビット在籍確認というのは、キチンとバレないようにやってくれるようになっています。ですから、安心して申し込むことができるようになるでしょう。安心といえばモビットは銀行系である、という利点もあります。

 

但し、それは消費者金融ではない、というわけではないです。その為、総量規制に引っかかることになります。年収の三分の一がどんなにがんばっても貸し付けてもらうことができる金額の最大値になります。これはよく覚えておきましょう。

 

また、モビットの融資限度額として設定されている値は1万円から800万円になります。これは一番とはいえないですが、決して中位とも言いがたく、かなり上のほうではあります。

 

しかし、実際に800万円の限度額が設定される人は要するに2400万円以上の年収が最低でも必要になりますから、まず、いないことでしょう。三井住友系である点が利点であり、銀行に設置されている申込みATMなどからも契約が可能なのが特徴です。

 

 

モビットの特徴的なこととは

 

モビットとは、とても良い消費者金融です。まず、限度額ですがモビットの限度額は1万円〜800万円になります。これははっきりいって十分な金額であるといえます。世の中には1000万円のところもあるのですが、そんなに一般人が必要になることはなく、基本的には数十万円単位で十分なのです。

 

ですから、モビットの限度額は基本的なポイントは押さえているといえるでしょう。もちろん、誰でも上限いっぱいまで借り入れ可能金額が設定されるわけではありませんから、注意しましょう。モビットは消費者金融ですから、総量規制があるのです。

 

その為、年収の三分の一以上、というのが貸せないようになっています。これは覚えておくと良いでしょう。また、特徴的なこととして、モビット審査はかなり早い、というのがあります。簡易審査などのサービスがありますし、早いと30分で完了することもあります。

 

つまりは、即日審査、ということです。これは実に有難いことであるといえるでしょう。モビット在籍確認は電話で行われることになります。これはそんなに珍しいことではないでしょう。モビットです、なんてことはまったくいわれることがありませんから、心配することはないでしょう。

 

 

モビットの金利などについて

 

モビットというのは、実はとてもよい消費者金融ではあるのですが金利の面から見ますとまずはそこまで突出されているわけではないです。例えば3.0%から18.0%という金利は中程度といえるでしょうが、別にトップとは言いがたいからです。

 

では、モビットは利用する価値はないのか、というとそうではないです。まず、モビット審査はとにかく早いことで有名でもあります。言うまでもありませんが、それは申込み状況や或いはその人の信用情報次第ではありますが、それでも申し込む価値はあるでしょう。

 

とにかく、早いことが重要であるといえるからです。モビット在籍確認ですがこれもモビットである、ということをわざわざいうことはないです。

 

あくまで本当にその人がそこに在籍しているのか、ということが大事であり、その人がお金を借りようとしていることを伝えることがメインではないからです。モビットはWEB申込ができるようになっています。それもすべて完結することができます。これは来店不要であり、電話連絡もなしです。

 

そして、電話のやり取りなしになっています。さらに郵便物もなしなので、本当にばれることがないので安心して利用することができるでしょう。

 

 

モビットの特徴的なサービス部分とは

 

モビットというのは、三井住友系の消費者金融です。これが最も大きな特徴であるといえるでしょう。つまりは銀行傘下、ということです。しかし、ここで勘違いしてはいけないことがあります。

 

それは別に銀行として貸しているわけではない、ということです。つまりは、モビットは消費者金融になりますから、総量規制が引っかかる、ということになります。総量規制とは年収の三分の一までの貸付しかできない、という規制です。

 

モビットはそれが適用される業者ですから、注意しましょう。さて、モビットに申込みをするときですが、ホームページか、ローン申込機から、というのがベストであるといえます。その場で融資が可能であるのかどうか、そして利用限度額は、ということが知ることができるからです。

 

もちろん、それにはこちらに情報をあまねく提供している上で、ということになります。本審査にかかる時間としては最短で30分ではあるのですが、実質的には1時間から2時間程度はかかることが多い、という情報があります。一応、それは知っておいたほうが良いでしょう。

 

金利に関しては3.0%から18.0%となっており、これは極めて安い、とはいえないレベルといえますが、それでも審査が早いのはモビットのよい点といえますし、メリットはあります。

 

 

モビットのおかげで誰にも知られず申し込みができました

 

消費者金融系のモビットへの申し込みはスマートフォンでとても手軽にできました。金融機関から正式にお金を借りる訳ですからもっと難しい手続きが必要で時間も長くかかるものだと思っていましたが審査が通るまで1日もかかりませんでした。

 

スマホのアプリのゲームにはまってしまい気が付いたら肝心のスマホの料金が払えなくなるほど課金していしまた。ガスや電気が止められても構いませんがスマホだけは守らなければならないと思いキャッシングでお金を借りることにしたのです。

 

正規雇用のOLで働いているので審査は通るとは思っていましたが、不安なのは職場にかかってくる在籍確認の電話でした。どうにかならないかといろいろと調べてみたところモビットでは在籍確認の電話が要らないことが判ったのです。

 

三井住友銀行に普通口座を持っていて、その口座をモビットのキャッシングに利用することを承諾すれば良いのです。私は給与の振込口座を三井住友銀行に持っています。この口座を利用してモビットのキャッシングを使えばよいだけなので何の問題もありません。

 

このような理由で私はモビットに申し込んだのです。申し込みはすてべスマホで行うことが出来てモビット在籍確認は本当に必要ありませんてした。モビット審査結果は申し込みをした日のうちに合格したと知らされました。

 

借入に希望した金額のお金は三井住友銀行の口座に入金されていしまた。モビット在籍確認の電話が不要だったことで誰にも知られずにキャッシングの利用ができるようになり本当に助かりました。

 

 

モビットは申し込み方法が多いカードローン

 

カードローンを利用したいと考えていると、簡単に申し込みができるところから借りたいと思うようになります。

 

一部の銀行や信用金庫は、窓口でしかカードローンの申し込みができなかったり、契約のために窓口へ行かなければならなかったりしますので、面倒なことがあります。

 

しかし、モビットでカードローンの申し込みをする方法はいくつかあることから、それぞれをその時の状況に応じて使い分けることができます。

 

申し込み方法は、パソコンから申し込める方法と、携帯電話から申し込める方法と、スマートフォンから申し込める方法と、郵送で申し込める方法と、モビットの契約機から申し込める方法があります。

 

この中から好きな方法を選べば申し込みは簡単にできます。

 

特に最近は、スマートフォンでの契約が増えてきましたが、まだまだ携帯電話を使って契約している人も多いため、携帯電話に対応しているのもうれしいことです。

 

申し込み内容を確認して、申し込みが終われば次に審査になります。

 

モビット在籍確認で仕事をしているのかを確認して、モビット審査が全て終わればいよいよ契約という流れになります。

 

モビットは申し込みからの対応は早いので、すぐに借りたい人はいいかもしれません。

 

 

 

モビットカードローンの返済方法は? 返済シミュレーションをしておきましょう

 

モビットのカードローンでお金を借りるのは良いけど、どうやって返済すればよいのだろう、無理なく返済していくことは出来るだろうか。
カードローンに対してこのような不安を抱いている方は多いのではないでしょうか?
お金を借りることばかりしか考えず、返済方法など返済を気にせずキャッシングしている方は意外と多いようです。
そこで今回はモビットの返済方法について解説していきたいと思います。

 

モビットカードローンの返済方法は大きく3つに分けられます。
口座振替・提携ATM・銀行振込となります。
因みにモビットでは直接返済できるネットバンキングはありませんので、ネットでの返済は銀行振込による返済ということになります。
またモビットでは専用のATMがありませんので、基本的に利用手数料がかかってきますので注意が必要です。

 

モビットの公式ホームページには返済方法についての情報は、必要最低限のことしか書かれていません。
ですから、何も知らずに返済を続けていると実は大きな損をしてしまう可能性もあるのです。
ではそれぞれの返済方法について見ていきましょう。

 

まずは口座振替です。
口座振替は預金口座から自動で引き落とされる返済方法です。
メリットは手数料がかからないこと、自動で返済されるので返済を忘れることがないこと、窓口やATMに行かなくても返済できることです。
銀行振込ですと振込手数料が、ATMなら利用手数料がかかりますが、口座振替なら手数料は無料です。
そのことを考えると口座振替による返済はメリットが大きいですね。

 

但し、口座振替に指定できる銀行は三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行のみとなります。
しかも口座振替に切り替えするには手続きが必要で2ヶ月ほど期間を要します。
口座振替に切り替わるまで振込若しくはATMで返済しなければいけません。

 

口座振替に切り替える場合はコールセンターに電話押して口座振替の申し込みを行います。
その後、郵送される預金口座振替依頼書に必要事項を記入して返送します。
銀行への届け印も必要となりますので注意しましょう。
手続きが完了すると電話かメールにて通知が届きます。

 

次に銀行振込です。
指定された銀行に振込をして返済する方法です。
振込再起は三井住友銀行から三菱東京UFJ銀行のどちらかを任意で選ぶことが出来ます。
金融機関と時間帯に応じて振込手数料が発生します。
返済日の14時までに振込しないと間に合わない可能性が高く、その場合は延滞扱いとなりますので注意しましょう。
銀行振込による返済でネックとなるのが手数料ですね。
そこでオススメの返済方法がネットバンキングを利用しての振込返済です。
ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、新生銀行はいずれも月に1回以上は他行への振込手数料が無料となります。
ネットバンキングならATMや行く手間も省けますので非常に便利かつお得です。

 

最後にATM返済です。
モビットでは専用ATMはなく提携ATMを使用して返済となります。
都市銀行は三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行、ネット銀行はセブン銀行とイオン銀行、

 

その他コンビニや地方銀行、駅に設置されたATMでも対応しています。

 

ATM返済のメリットは銀行振込とは違って遅い時間帯での返済でもその日の返済に間に合うことです。
またコンビニのマルチ端末なら手数料がかかりません。
基本的には108円〜216円の利用手数料がかかります。
また1回あたりの入金額に制限がかかることもありますので注意が必要です。

 

モビットの返済日は5日・15日・25日・末日から好きな日を選ぶことが出来ます。
但し、初回の返済日は借入日によって決まりますので、一度必ず確認しておくと良いです。

 

毎月の返済額は最小返済額以上を支払いする必要があります。
モビットカードローンの最小返済額は借入残高に応じて決まります。
例えば借入残高が10万円以下であれば最小返済額は4000円、

 

借入残高が10万円超20万円未満なら8000円といったように、借入残高が多くなれば最小返済額は増えていきます。

 

もちろん最小返済額以上を支払うことも可能です。
余裕のある時は多めに支払うと利息を抑えられるようになりますのでオススメの返済方法と言えます。
最小返済額以上の金額は全て元金の返済に充てられます。
利息は元金に対しかかりますから元金が少なくなれば、当然利息は少なくなります。
ですから少しでも利息を抑えたいのであれば追加返済することです。