フルキャスト在籍確認ある?キャッシング審査を解説します

MENU

フルキャスト在籍確認ある?キャッシング審査を解説します

 

カードローンやクレジットカードを作ると、カード会社によっては勤務先に在籍確認を取ることがあります。

 

在籍確認が取れないと申込みに記入した年収の裏づけができず、支払い能力の証明ができません。

 

フルキャスト在籍確認

 

フルキャストは派遣会社です。

 

フルキャストの派遣社員の人がカードの申込みのときに記入する会社は、出向先の企業ではなく、派遣会社を記入しなくてはなりません。

 

雇用しているのは派遣会社であり、出向先の企業とは雇用契約を結んでいないためです。

 

間違えて出向先の企業を書いた場合でも、在籍確認ではわざわざ「これはカード契約のための在籍確認です」と説明されることはありません。

 

特に消費者金融の場合は個人名で電話をかけてきてくれます。

 

本人がその企業内で働いていることがわかれば確認が取れることもあります。

 

特に派遣でも毎日仕事をしており、オフィスワークの場合はお客さんから電話がかかってくることもあります。

 

小さい会社であれば問題なく確認作業が終了するケースもあります。

 

しかし派遣の人が会社の情報を記入する場合、派遣会社を記入しなくてはなりませんが、派遣先でお仕事をしているので派遣会社にはいません。

 

派遣会社がフルキャストでフルキャスト在籍確認がされる場合は、予め派遣会社に在籍確認で連絡が入る可能性があることを伝えておくと良いでしょう。

 

派遣会社には登録している人の名簿はありますが、中にはあまり働いていない人もリストに登録されていたりします。

 

また、派遣で送っている人の人数が多いと確認がうまく取れないケースもあります。

 

カードを作る金融機関にもよりますが、会社がそういった対応をしてくれないことを相談すれば、別の代替手段で手続きを完了させてくれるようなところもあります。

 

特に消費者金融は柔軟に対応してくれます。

 

給料明細や源泉徴収票、会社発行の保険証などで確認を済ませ、実際に電話による確認作業をクリアしてくれる会社もあるのです。

 

仮審査のあとに電話による連絡が入る金融機関も多くありますので、そのタイミングで相談すると良いでしょう。

 

在籍確認では本人とカード会社だけの手続きではなく、周りも巻き込んだ手続きとなりますので、予め連絡が入ることを伝えておくこともマナーの一つです。

 

もちろんカードを作ることを知られたくないと思う人も多くいますので、必ず連絡しなくてはならないというわけではありません。

 

伝えておくことで確認がスムーズに終了し、「そんな人はいません」という結果にならずに済むのです。

 

在籍確認は審査の中でも最終段階で行われる作業ですので、仮審査で落ちてしまった場合には行われません。

 

また、会社が派遣会社だからといって審査に落ちてしまうようなこともないでしょう。

 

フルキャストは派遣会社の中でも知名度の高い大手ですので、名前だけ見て派遣で仕事をしているのだろうと予想がつきます。

 

派遣社員はカードローンなどの契約ができないわけではありませんが、正社員とは記入する会社が違っているという点や審査に慎重にならざるを得ない点に注意が必要です。

 

またそれなりの配慮も必要なのです。

 

 

派遣の仕事は不定期なものもあり、ただ登録だけしている人も多くいます。

 

実際に働いていなくてもリストには入っているので、在籍しているという扱いにはなります。

 

所属しているからと言って、定期的に仕事をしていて安定している収入を得ているとは限らないのです。

 

派遣に登録するのは簡単ですが、勤続年数が短いとカードローンやクレジットカードを契約するために派遣に登録したと思われてしまうこともあります。

 

特にカードローンでは勤続年数が重要視されますので、きちんと働いて収入を得てから申込みをするようにしましょう。

 

 

→ 派遣社員の在籍確認が不安なら電話なしキャッシング その方法とは

 

フルキャストの審査について 派遣社員はお金借りれる?

 

フルキャストというのは人材登録会社、人材派遣会社で、実際にこの会社に登録して派遣社員として別の会社で仕事をしているという人も多いかもしれません。

 

このような派遣社員の場合、カードローンなどからお金借りることはできるのでしょうか。

 

お金借りるためには信用が大事で、もちろん安定した収入があることが必要になってきます。

 

どんなカードローン会社の案内を見ても、申し込みの条件として安定した収入があることというのは挙げられています。

 

となると、フルキャストのような派遣社員では厳しいのではないかと思われるかもしれません。

 

派遣社員というのは昨今では決して珍しい働き方ではなくなってきていますから、肩身の狭い思いをすることは昔と比べると減少傾向にあるかもしれません。

 

正社員と比べると安定した働き方でないことは認めざるを得ません。

 

正社員は余程のことがない限り自ら失業に追い込まれたりすることはないでしょう。

 

派遣社員の場合は、派遣先の会社の業績推移とか経営トップの考えに大きく影響を受けることは間違いありません。

 

一定の期間が経過すればそこで派遣が終了するということもいくらでもあるからです

 

しかし、カードローンなどでお金借りる場合に関して言えば、派遣社員だからと言って借りられないということはありません。

 

安定した収入というのは正社員と同じレベルで安定していないといけないというわけではありません。

 

ちょっと見方を変えて考えてみてください。先にも書いたように今では日本人の相当数が正社員ではなく派遣社員として働いています。

 

カードローン会社が、そういう人を一切自分たちの顧客とはしないとしてしまえば、それだけ顧客数は限られてしまい、それだけ自分たちの業績を伸ばせるチャンスを自ら捨ててしまうも同然なのです。

 

カードローン会社としては、正社員と同じレベルで安定していることが必須なのではなく、単に、貸したお金をきちんと返してもらえると見込める程度には安定していることで十分なはずです。

 

そして、派遣社員は十分にその程度には安定していると思ってもらえます。

 

確かに今の派遣先での仕事は一定期間経過後には終了してしまうかもしれませんが、多くの人はその後には次の派遣先で仕事をするはずです。

 

即座に失業ということにはならないはずだからです。

 

というか、もっと言ってしまえば、多くのカードローン会社は、アルバイトやパートのような仕事の仕方をしている人であっても、門前払いはしていません。

 

そういう人であっても審査の結果、きちんとした返済が見込めると判断されればお金借りることはできるのです。

 

アルバイトやパートでさえそうなのですから、派遣社員の人は心配する必要はまずないということです。

 

なお、派遣社員の人はカードローンの申し込みをする際に気をつけておくこととして、申込書の勤務先欄には派遣先の会社名ではなく派遣元の会社名を記載することです。

 

自分がどの会社からお給料をもらっているのかということを考えて、派遣先ではなくて派遣元、つまりフルキャストの会社名を書くようにしましょう。

 

そして、多くのカードローンでは、キャッシングの審査にあたって在籍確認が行われます。勤務先欄に書いた会社に対して電話され、本当にその会社に勤めているのかを確認されるわけです。

 

派遣社員の人はここでも少し不安になるかもしれませんが、特に心配はいりません。

 

派遣元会社に電話されても当然ながら本人は派遣先会社で仕事をしているわけで、電話に出ることはできないでしょうが、それは何の問題もないからです。

 

本人が電話に出ることが必要なのではなく、その会社に勤めているかどうかが確認できさえすればそれで十分だからです。