キャッシングの増額追加融資可能?在籍確認の詳細

MENU

キャッシングの増額追加融資可能?在籍確認の詳細

 

キャッシングを利用している場合に、どうしても限度額のお金では足りなくなるときもあります。

 

そのような時に追加融資が可能であればという思いをした人もたくさんいるでしょう。

 

そもそもキャッシングの借入限度額は、最初のうちは低い金額に設定されることがほとんどです。

 

広告などでは最大で数百万円などとアピールしていますが、実際にその金額が借りられることはほとんどありません。

 

特に初めて利用する場合はかなり低い金額までしか利用できなくなっているので、利用の実態に合わないケースもでてくるのです。

 

 

もっとも最初に設定された金額が永遠に続くわけではありません。

 

金融機関としても優良な顧客にはたくさんお金を借りたもらいたいのが本音ですので、契約してから数カ月利用すると、金融機関側から増額申請の案内が届くことがよくあります。

 

 

そのような機会を利用すれば、利用限度額をアップさせることが可能です。

 

 

また金融機関からの案内を待てないという人は、自ら問い合わせて増額を申請することも可能です。

 

各金融機関では増額の申請を受け付けているところがありますので、そちらに連絡して申請するといいでしょう。

 

ただし契約後すぐに申請しても利用するのは困難です。やはり数カ月は利用実績を重ねなければ、増額が認められるのは可能性は低くなります。

 

 

ただし金融機関からの案内に応じる場合も、自分から申請する場合も、増額申請する場合は改めて審査を受ける必要があります。

 

この増額審査でおこなわれる手続きは、基本的には新規の申し込みに対するものと同じものになります。

 

ですから借入限度額によっては収入証明書の提出が必要になったり、職場に在籍確認の電話がかかってきたりします。

 

すでに一度審査に合格しているのにと思う人もいるでしょうが、このような手続きを避けることは不可能です。

 

金融機関側としては変更がないことを確認するためにも、新たな在籍確認などが必要になってくるのです。

 

 

もっとも一度目の審査と同様の在籍確認がおこなわれるだけですから、特に身構える必要はありません。

 

キャッシングの審査にかかわらず、クレジットカードの作成や住宅ローンの申請などで会社に在籍確認の電話がかかってくるのはよくあることなのです。

 

電話を受けた人もそれほど気にかけないほど日常茶飯事なことなので、キャッシングの利用が会社に知られることを極端に心配する必要はありません。

 

その点については安心していいでしょう。

 

キャッシング増額融資の際に秘訣はある?追加キャッシングをうけたい

キャッシングの増額融資は希望するだけで受付けてもらえるものではなく、審査に通らなければなりません。

 

限度額は信用によって決められるものなので、増額しても問題がないと判断してもらえる利用を心掛けます。

 

このために重要となるのが実績になりますが、短期間ですぐに認めてもらえるものではなく、半年以上は継続して借り入れと返済を行いましょう。

 

このときの注意点として、返済の遅延は絶対にしてはいけません。

 

遅延を起こすと現在の限度額であっても安全に利用できていないことになり、信用を損なってしまうので審査には通りません。

 

借りずに半年以上待っていても実績にはならないので、必ず利用しましょう。

 

なお、実績を作るための半年という期間は最低限必要なものであり、申請するための条件として明記している金融機関もあります。

 

また、増額融資に成功した後に連続で申請することはできず、改めて半年以上の実績を作らなければなりません。

 

利用状況によって1年以上の実績が必要になることもあります。期間を短くするための秘訣として、一度借りた後に完済せずに追加で借り入れを行い、常に残高が残っている状態にするよりも、完済を入れながら借り入れを行い、計画的な利用ができていることを示すと良いでしょう。

 

繰り上げ返済が行える場合にはこれも利用して早めに完済した方が余力があると判断されやすくなります。

 

ただし、繰り上げ返済は遅延を起こす原因になってしまうこともあるので、無理に利用するのはやめましょう。

 

基本的には通常の返済とは別の扱いになるため、いくら繰り上げていても毎月の返済は別途行う必要があり、その分のお金を残すのを忘れていると払えなくなります。

 

また、不便さがある金融機関もあるので契約前に確認が必要です。

 

事前連絡しなければならない、手数料がかかるなどは面倒であったり余計な出費が発生してしまうので、自由に無料で行えるものが良いです。借り入れ額も増額が必要と思わせる程度の金額は必要です。

 

例えば100万円の限度額で1万円の借り入れを半年間続けていても99万円の余裕があるため、増額を受けるのは現実的ではありません。

 

消費者金融の場合は総量規制を考慮しなければなりません。年収の3分の1までしか借りられないので、増額でこの制限にかかる場合は審査に通りません。

 

総量規制の範囲内であっても、他社からの借り入れが増えている場合や契約数が増えている場合も信用されにくくなります。

 

利用する金融機関の優先度を決めておき、低優先のところは限度額を引き下げたり解約して審査に通りやすくしておきましょう。

 

銀行は総量規制の対象外ですが、信用には年収が影響します。法律による借り入れの制限がないというだけであるため、返済できない金額を希望しても融資は受けられません。

 

借り入れ状況に変化がなく、年収が上がっている場合は返済能力に余裕ができているので審査に通りやすくなります。その逆の場合は注意しなければなりません。

 

年収が下がれば返済能力の余裕もなくなるため、増額審査に落ちるだけでなく、見直して引き下げられることもあります。

 

現在の限度額が以前の年収に対して許容される上限に近い場合は申請しない方が良いでしょう。

 

新規契約時と同様に年収は金額だけでなく安定性も重要です。

 

転職して年収が上がっていたとしても、安定していると判断されるためにある程度は勤務を続けてから申請した方が良いです。

 

借り入れ状況や年収に変化がなくても支出が増えている場合も審査に悪影響が出ます。

 

例えば実家暮らしから一人暮らしになれば親からの生活費の補助がなくなり、その分が支出として増えるので返済能力は下がってしまうため、審査に通りにくくなります。

 

しかし、これを隠すために属性が変わったことを報告しないでいると、ばれたときに悪印象を与えます。通常は自分で報告しなければならないので、正直に属性を更新した方が良いです。

 

他社で遅延を起こすのも避けましょう。増額審査では個人信用情報機関を参照するので、異動情報があれば信用されなくなります。その結果、限度額が下がったり借り入れ停止となり、返済専用になってしまうこともあります。

 

審査の確実性を上げる方法としては、金融機関から増額融資の勧誘が来るのを待ちます。

 

優良顧客として認められると他社に流れるのを防ぐために好条件で融資を行えることを勧めてきます。

 

これが来ても審査に落ちることはありますが、通る可能性が非常に高くなっています。なお、勧誘が来ても必ず応じなければならないわけではないため、増額したくないときは申請しなくても問題ありません。

 

一定額までは収入証明書が不要になっている金融機関も少なくありませんが、増額でこの金額を超える場合には提出することになるため用意しておきましょう。

 

在籍確認に関しては契約時に行っているので通常は行われませんが、勤務先が変わっている場合には再度行うことがあります。

 

キャッシングの増額審査で落ちないために知っておきたい審査基準と在籍確認

 

キャッシングやカードローンは、急に出費が必要になった時に少額で借りることのできる便利な金融商品です。

 

また、お金を借りる時にはもう少し借り入れた、あと数万円借りられたら欲しいものが買える、ということもあります。

 

そんな時に気になるのが増額審査だと思います。

 

増額することで利用限度額を上げることによって金銭的に融通がきくようになります。

 

増額することで借入額をアップする場合、10万円程度が多いとされています。これよりも高い借り入れがしたいというケースでは新たな借り入れ先を増やすこともありますが、増額したほうが良いケースもあるため安易に借り入れ先を増やすのではなく増額を申し込む方をオススメします。

 

増額のメリットとしては借入額が明白で、返済日が変わらずに月一回、金利が低くなることもあります。

 

増額基準の審査基準としては、返済状況や借り入れ状況が重要となってきます。過去に返済が延滞したり滞納していないことが最も重要です。

 

他社からもキャッシングをしているという場合には、他社の返済状況なども増額審査に影響してくるためきちんと自分の返済状況を考えてから増額を申し込むことが大切です。

 

他社の返済状況はわからないのではないか、と考える人もいるかと思いますが、金融機関は信用情報機関というところで情報を管理しており、照会することによって他社の返済状況もわかるようになっています。

 

返済状況のよところに増額を申し出たとしても借り入れ先のすべての返済状況を把握しているため、一つでも返済が滞っていると審査に落ちてしまう可能性も多くあります。

 

そのため審査基準として大切なのは、申込み先や他社を含めて過去に延滞・滞納がないという当たり前のことが重要です。

 

また、借り入れ状況では利用限度額まで借りたら返すという利用履歴があるかということもポイントとなってきます。お金を貸してもきちんと返済してくれる人という人柄はとても重要です。カードローンやキャッシングは担保なく借りることができますが、これは言い換えれば個人の「信用」をもとに成り立たせている融資ともいえます。

 

そのため、貸してもきちんと返してくれる人がらという信用関係が金融会社と気づけていれば、増額を申し込んだ時にも通る可能性が高くなります。

 

キャッシングやカードローンは、担保が無いことが一般的なため信用がかなり重要となってきます。

 

そのため在籍確認というものを行うことで、社会的な信用を得ることができます。

 

在籍確認とは申し込んだ時に確認させる勤務先への確認です。

 

勤務先に電話がかかってくるためキャッシングを利用していることが職場に知られてしまうのではないか、と不安になるにともいるかと思います。

 

しかし在籍確認はそのような不安がないようにされるため、嘘をつかずにきちんと勤務先を教えることが大切です。

 

在籍確認では本人が出た場合には、本人が申込者本人であることを確認した上で社名を名乗って在籍確認の電話であることを伝えられます。

 

金融機関によっては生年月日などを確認するケースや、ローンの申し込みしたことに間違い無いかなど申込者の意思も確認するケースもあります。

 

本人が不在の場合には、本人が実際に働いていることを確認できれば良いため、電話を取った人にいるかどうかを確認します。本人が不在でも実際に働いていることがわかれば在籍確認が完了です。

 

相手の返答が曖昧で、いないと答えられた場合には、外出中なのか、何時ごろに戻るのかなどを質問されます。休んでいるという場合には、明日は出勤するのかなどの質問をして出勤を確認していきます。

 

このような対応はどの金融機関でも基本的には変わらないとされています。

 

基本的に在籍確認は職場にきちんと出勤していることが確認できるため、勤務先には社名を名乗らずに個人名で名乗ることになっています。

 

銀行の場合には本人が希望すれば銀行名を名乗ることもあります。

 

消費者金融の場合は非通知で電話をかけることが多く、非通知で電話が繋がらない場合には社名を名乗らないように対処したり、社員証や社会保険証などの書類の提出で対応します。

 

銀行の場合には、本人が希望すれば非通知でかけることもできます。

 

どの金融機関でも絶対に第三者には用件を話さず、本人以外には社名を伝えることもないようになっています。

 

どんな用件かと第三者に聞かれた場合にも、個人的な要件なので携帯電話に連絡する、急ぎではないため改めるなどとしてごまかしてもらえます。

 

お金の貸し借りは信用が重要となってきます。

 

電話がつながらなかったり、在籍しているかどうか教えてもらえない、わからないなどのうまくいかないケースもありますが、この場合には審査に落ちてしまうこともあります。

 

また、場合によって社員証などの書類を提出すれば在籍確認したと認められることもあるため、審査担当の人などに相談します。

 

偽装会社を利用すると審査も増額もしてもらえないため、信用できる情報を伝えることが大切です。