キャッシングは利息が安いほど負担を抑えられるのでおすすめ

MENU

キャッシングは利息が安いほど負担を抑えられるのでおすすめ

キャッシングとは、信用を担保に銀行やノンバンクから融資を受ける金融商品ですが、借りたお金には利息が必ずつくものです。借りたお金を返す時には、利息分のお金が増えます。

 

融資を受ける段階で、返済期日と利息の確認をしておくことが重要になります。キャッシングを利用する際は、利息が安いほど返済の負担が減るので、できる限り利息の安い企業から借りるべきといえます。

 

利息によって上乗せする割合は計算され、借りている期間の長さ及び金額に応じて変動する仕組みが多く使われています。金融会社が、個別に金利を決めていますので、高金利で融資を受けた場合、完済に要する金額が高額になる場合があります。

 

返済に要するお金がいくらになり、自分に払いきれる金額なのかを知ることが、キャッシング会社選びでは大事です。利息を低く抑えたい時は、銀行系のキャッシングがいいようです。ただし、審査には通りにくいと言われています。

 

審査に通りやすいけれど、消費者金融系のキャッシングは、利息が高めに設定されているようです。利息は一律ではないので、借りる金額や目的に応じて、最適な会社を選択することが求められてきます。

 

キャッシングにおいては、利息が安ければ安いほど返済金額を減らすことができるので、それだけ返済に困ることが無くなります。借りたお金を返す時には、それまでに発生している利息を支払いつつ、余った金額で元金を返し、残高0を目指すという形になっています。金融会社から借りたお金を無理なく返済できるようにするためには、借入時に利息や返済金額について、試算してみることが重要です。

カードローンの金利と上限年齢

年金受給者でもお金を借りれるカードローンの利用可能年齢はさまざまです。60歳から70歳までと幅広いので、上限が高いカードローンを選べば末永く利用できるでしょう。しかし、上限年齢の高さだけでカードローンを選んでしまうと金利面で不利になってしまう可能性もあります。

 

年齢上限と金利の関係

 

実は利用可能な上限年齢の高さと金利の低さには一定の関係があります。利用可能年齢が高いカードローンほど金利は高くなっているのです。年金受給者でもお金を借りれるカードローンを上限年齢で分類すると、およそ65歳グループと70歳グループに分かれます。そして金利は65歳グループのカードローンのほうがひと回り安い傾向があるのです。

 

金利をふまえたカードローンの選び方

 

そこで年金受給者がカードローンを選ぶ時には、現在の年齢と利用可能な上限年齢、そして金利の利率の3つをもとに考える必要があります。できるだけ金利を安くしたいなら、65歳までは金利の安いカードローンを使って、それ以降は70歳までのカードローンに移行するというやり方もあるでしょう。ただ、カードローンを乗り換える場合、前のカードローンの返済が終わっていないと次のカードローンの利用限度額が制限されてしまう場合もあります。前のカードローンを解約してしまえば問題は解決しますがそのためには残高の完済が必要です。そういったことが面倒ならば、最初から年齢上限が高いカードローンを選んでしまってもよいでしょう。