MENU

中央リテール在籍確認 勤務先に内緒でお金借りたい

 

「中央リテール」とは、「複数のローンの返済に悩んでいる」方や、

 

「たくさんの金融機関から借り入れをしているので返済が大変」という方のために、

 

借金の一本化などができるように、他社のカードローンよりも比較的柔軟に対応してくれる消費者金融会社です。

 

借金を一本化することで、月々の返済額が軽減されるうえ、

 

月々の返済金額や残金が分かりやすくなりますので、返済へのモチベーションもアップします。

 

「中央リテール」のキャッシングには、複数のローンを一本化できる借り換え専用のローンである「おまとめローン」のほかに、

 

土地や建物、マンションなどの資産を活用した「不動産担保ローン」、

 

事業資金専用のローンで、資金の使途は自由の「ビジネスローン」、

 

住宅の総改築などに便利な「リフォームローン」、

 

保有している株式や債権などの有価証券を担保に借り入れができる「証券担保ローン」、

 

暮らしにかかる費用を幅広くサポートしてくれる「多目的ローン」など、

 

さまざまな金融商品が用意されています。

 

なかでも最も人気の高い、「他社一本化(借換)資金(おまとめローン)」は、審査結果の連絡までは、最短2時間です。

 

少しでも早く融資してほしいという方には、おすすめのローンです。

 

朝早めの時間に審査申し込みをして、午後2時頃までに契約手続きを完了できれば、

 

融資までは最短1日となりますので、契約に必要な書類などをあらかじめ準備しておき、

 

少しでもスムーズに契約手続きが完了できるようにしておきましょう。

 

審査申し込みの方法は、「中央リテール」の公式ホームページのお申込みフォームからとなります。

 

24時間いつでもお好きな時間に申し込みができるようになっていますので、

 

専用の申込フォームに、借入希望額や他社からの借入金額のほか、

 

氏名や生年月日、電話番号や住所などの個人情報などを入力し、

 

勤務先の情報や勤続年数、年収のほか、居住年数などの必要事項を入力のうえ、確認ボタンをクリックします。

 

内容を確認したら送信ボタンを押して送信すれば、審査申し込みが完了します。

 

初めての方でも、簡単に申し込みをすることができますし、

 

万一、分からないことがあれば電話で問い合わせをすれば、スタッフの方が丁寧にサポートしてくれます。

 

「中央リテール」が多くの人から選ばれている理由は、無担保の場合の融資金額は最高500万円まで、

 

不動産を担保とする場合には、最高3,000万円までと、他社のローンと比較しても高額の融資が可能となっている点です。

 

また、返済期間も最長10年(120回)での返済が可能となっていますので、生活に無理のない範囲で長期間での返済が可能となっています。

 

融資利率も無担保の場合でも、実質年率10・95%〜13.0%、

 

不動産担保ローンの場合には、年率8.2%〜9.8%と比較的低金利となっているうえに、

 

「中央リテール」の融資の相談窓口の担当者は、全員国家資格を取得しているスタッフですので、安心して申し込みができます。

 

また、中央リテール在籍確認の際には、勤め先などへの電話連絡をする場合、絶対に「中央リテール」などの社名を名乗ったり、

 

消費者金融会社であることが分かるような問い合わせ方をすることはありません。

 

必ず個人名を名乗っての在籍確認とななりますので、勤務先に借金がバレるというような心配もありません。

 

また、秘密厳守となっていますので、親や兄弟などの親族に、個人情報や取引内容などを伝えることは絶対にありませんので、

 

そのような信用や実績が多くの人から選ばれている理由となっているのでしょう。

 

ただし、返済に困ったりすることがないように、貸し付け条件の内容を確認して、しっかりとした返済計画を立てて返済をしていくようにしましょう。

 

中央リテールの審査 絶対お金をかりたいなら 勤務先連絡ある?

 

中央リテールは東京にある平成15年に設立された貸金業者です。業務としては総合金融業で取扱商品は借換ローン、不動産担保ローン、事業者ローンの3つです。東京都にしか営業所がないので登録番号は東京都知事となっていますが、以前は関東周辺に営業所を有していました。

 

中央リテールからお金借りる場合には、キャッシングのような利便性のあるようなものではなく借金を返済するための借換ローンが中心ですが、不動産担保ローンであれば用途自由な借り入れが可能ですし、また事業用途に使う事業者ローンも可能です。ただ、やはりほとんどの人が利用するのであれば借換ローンが中心になります。

 

借換ローンを利用するメリットは複数社ある借金をひとつにまとめることができるということです。メリットとしては複数社あると返済の目処が立てにくいですが、一本化できれば計画的に返済が可能になりますし、また複数から借り入れていると返済日も管理が大変ですが、一本化によって月1回にすることができます。

 

また複数から借りていると総体で見て金利が高めになってしまいますが、ひとつにすることで金利の圧縮が可能です。返済額をそのままに金利が圧縮することができればそれだけはやく返済が可能になりますし、また返済額を減らして月々の負担を軽減させるといったことも可能です。

 

また借換ローンは貸金業法によって定められている総量規制の対象外となっているので、年収が低下するなどして借金が3分の1以上になっていても利用することができます。もちろん、中央リテールはちゃんとした貸金業者なので、法定の金利内での貸出となっています。

 

一方でお金借りるさいのネックとなるのが在籍確認ですが当然ながら中央リテールでも避けることができません。大手消費者金融のように在籍確認を書類で済ませるといった選択肢はありません。反面で信用力が低めの人でも利用しやすいのが中央リテールの魅力とも言えます。在籍確認そのものは最後に行われるためほぼ審査に通過した時点にしか行われません。

 

ただしお金を貸し付けるという性質上、借換ローンは必ずしも利用できるものではありません。融資が実行される前には本当に返済することが可能であるかを審査することになりますが、このさいに明らかに返済が不可能であると判断されると断られます。このさいに多くは任意整理などをすすめてくるケースもあります。実際のところ中小の消費者金融も匙を投げるような状況では、選択肢としては任意整理などの債務整理が最善といえます。

 

なお、中央リテールのメリットは、窓口担当者がすべてプロであるということや、諸費用が掛からないこと、また実質金利も大手のおまとめローンと比べても変らないことがあります。また家族に内緒で行うこともできます。一方でデメリットとしては中小の消費者金融であることで、平日に来店する必要があります。これは他社との借金の調整をする必要があるためです。またクレジットカードもまとめて解約する必要があります。また変わったところでは5社以上200万円以上が融資を受けられる条件といったところもあります。

 

いずれにしても中小の消費者金融ですので、大手とは異なって当人の信用力を見て融資の可否を決めます。このためブラックリストに載っていても、十分な返済能力が判断されれば利用は可能です。ただ、このためには勤務先への連絡は避けて通ることはできません。また返済が不可能と判断された場合には債務整理を勧めてくることがあります。中小消費者金融で債務整理をすすめられるような状態では借金をひとつにまとめても返済できる可能性は低いですから、債務整理もひとつの選択肢といえます。