新生銀行カードローンレイクの審査 無利息キャッシングでお金をかりたいなら 勤務先連絡ある?

MENU

 

レイクはテレビCMや電車のつり革広告でよく見かけます。

 

キャッシング審査の際、レイクのオペレーターの評判もとても良いので、初めてキャッシング利用する方におすすめです。

 

最近ではレイクのスマホ完結プログラムも大変に人気です。

 

融資額 :1万円から500万円
貸付利率:4.5%から18.0%(実質年率)
返済方式:残高スライドリボルビングまたは元利定額リボルビング

 

 

 

 

新生銀行カードローンレイクの審査 無利息キャッシングでお金をかりたいなら 勤務先連絡ある?

 

新生銀行カードローンレイクの魅力は何と言っても無利息キャッシングです。

 

レイクを初めて利用する方を対象に「借入額のうち5万円までを180日間無利息」もしくは「借入額全額を30日間無利息」という無利息サービスが受けられます。

 

どちらを選ぶのかは利用者の自由ですが、基本的に借入額が30万円を超える場合は30日間の方が返済総額が安くなると言われています。公式サイトに返済シミュレーションがあるので、一度確認してから利用してみると良いかもしれませんね。

 

新生銀行が提携しているカードローンなので銀行カードローンとなります。総量規制対象外となり、年収の1/3という制限を受けないので、配偶者に安定した収入のある方なら専業主婦でも借り入れ可能です。

 

実質年率は4.5-18.0%と銀行カードローンの中では高めに設定されていますが、無利息キャッシングがあるため、短期的な利用を考えている方にとってはレイクの方が利息を安く抑えられます。いくつかの条件はありますが、利用方法によっては大幅に節約できるカードローンといえるでしょう。

 

レイクの借り入れ審査は大手銀行カードローンに比べると審査通過率が高く、利用しやすいカードローンと言われています。

 

とはいえアコムやプロミスといった大手消費者金融と比較すれば見劣りするのも事実です。銀行カードローンと消費者金融の間くらいに位置する審査難易度だと考えていただければ問題ないかと思います。

 

パートやアルバイト、正社員等できっちりと収入を得ており、返済の見込みがある方なら融資を認めてもらえる可能性は十分ありますよ。

 

審査の最終段階で行われる在籍確認は原則として職場への連絡が必須となっています。

 

カードローン会社によっては相談次第で電話以外の方法をとっているケースもありますが、レイクでは基本的に職場連絡としており、どうしても電話ができない場合に限り、対応してくれるというスタンスです。

 

在籍確認はカードローン会社にとって非常に重要な審査なので、簡単になくせるものではありません。

 

在籍確認を無くしたい=本当は勤めていないのではないかという不信感にも繋がりかねないので、確実に審査を通りたいという方は在籍確認をしてもらった方が良いでしょう。

 

在籍確認を無くしたい理由に「会社にバレるかもしれない」という悩みを持っている方がおられるかもしれませんが、基本的に気づかれることはありません。

 

個人から会社に連絡をかけるというスタンスで話がくるので、個人宛に一切電話がかかってこない会社もしくは小規模の会社でない限りは問題ないでしょう。

 

初めてカードローンを利用する方にとって、職場連絡があることは大きなハードルだと考えられるケースもありますが、基本的には安心して大丈夫な審査内容となっています。

 

またオペレーターのかたもプロなので、会社側から言及されてもカードローンの審査で電話をかけたことは絶対喋りません。

 

その点は法律でも定められているので、安心して大丈夫ですよ。

 

もともと消費者金融として運営されていたレイクですが、新生銀行の傘下となり、イメージもクリアなものになってきました。

 

無利息キャッシングを筆頭に、全国のATM手数料無料や最短即日融資など利用者にとってありがたいサービスも増えてきています。

 

全国の自動契約機台数も銀行カードローンの中ではトップクラスなので、カードの受け取りが簡単というのもありがたいですよね。

 

お金の悩みは会社だけに限らず家族にも内緒にしたいもの。その点では十分に配慮されているカードローンといえるでしょう。

 

無利息サービスも充実しているので、借りすぎに注意しながらお金のやりくりに役立ててくださいね。

 

新生銀行レイクカードローンの審査基準 勤務先電話、在籍確認はある?

 

広く認識されている「新生銀行レイク」に関する情報の中には、「消費者金融」として認識されています。

 

たしかに、以前にレイクは消費者金融としてサービスを提供していたことがありますが、現在は「銀行系」に変わっています。名前からも分かる通り、「新生銀行」が直接運営しているフリーローン(カードローン)です。

 

カードローンには、大きく分けて「銀行系カードローン」「消費者金融系カードローン」の2つがあります。これらの大きな違いは「総量規制の対象になるかどうか」という点で、銀行系カードローンは総量規制の対象になりませんが、消費者金融系カードローンは総量規制の対象になります。また、この他にも「平均的な金利の違い」などもあります。

 

総量規制とは、「個人の年収によって可能な債務の上限が制限される」というものです。具体的には年収の1/3を超える債務を負うことが制限されてしまうわけですが、規制対象外のカードローンならばそういった制約を受けずに済みます。つまり、レイクの場合は銀行系カードローンに分類されるため、年収によって借りられる金額が制限されることなく利用可能だということです。

 

ただし、あくまでも明確な上限が設けられていないというだけであり、誰もが無条件に際限なく融資を受けられるということではありません。総量規制による制約がないとは言え、基本的には総量規制の範囲を基準に限度額が設定されます。つまり、年収の1/3程度が借りられる金額の上限ということになるわけですが、必ずこの金額以下で契約することになる消費者金融系カードローンに対し、これ以上の借り入れも可能な銀行系カードローンという違いがあります。

 

また、限度額に上限がないということは、状況次第で借りられる金額が大きく変わってしまうことがあるということです。現在、カードローンの適用される金利にはいくつかの法律が関係していて、最大金利を20%以下に制限するという法律のほかに、「限度額設定に応じて段階的に制限する」という法律もあります。それによると、10万円までの限度額には20%を上限とした金利が適用でき、以降は100万円までが18%、100万円超が15%と制限されます。

 

いずれの法律を順守して金利を設定するのかは融資をする側が決めることができますが、「銀行系カードローンは総量規制の対象にならない」=「より多くの借り入れが可能になる」=「金利が低くなりやすい」という良い循環が生まれやすくなります。かてて加えて、銀行系カードローンが採用している金利は総じて消費者金融系カードローンよりも低く設定されているため、相乗効果で更に低い金利で利用できる可能性があります。

 

ただし、他の銀行系カードローンと比べるとレイクは消費者金融系カードローンよりの性質が強いです。たとえば、銀行系カードローンの金利設定は1〜15%程度の範囲で設定されますが、消費者金融系カードローンの場合は5〜18%程度の範囲で設定されます。レイクに関しては、消費者金融系カードローンと同じように18%程度を上限として設定しているため、条件としては厳しめになる可能性を考慮する必要があります。

 

契約後の環境は消費者金融系カードローンよりになってしまう代わりに、銀行系カードローンよりも審査基準が甘めに設定されているというメリットもあります。もちろん、明確に低い基準で融資を行っていると公言しているわけではありませんが、条件面で劣る分だけ融資基準を緩和している状態が結果から見て取れます。そういった意味では、「良い条件で借りやすい選択肢」といえます。

 

レイクと契約をするために大切なことは、兎にも角にも「返済能力を証明できること」です。端的に言ってしまえば、「年収が多く、債務が少ない状態」ほど高く評価され、かてて加えて過去に行った信用取引の内容が良いほど契約できる可能性が高くなります。年収が少ない、年収が多くとも債務が多い、過去に遅延や延滞を行った、債務整理を行ったという事実がある場合は、契約難易度が極端に跳ね上がる可能性があります。

 

審査内容はごく一般的な内容で、申し込み情報を参考にスコアを付けて融資の可否を機械的に判断するほか、担当者が内容を見て判断することもあります。また、基本的な審査を通過した場合には「在籍確認」が行われ、これらの作業がすべて完了したうえで問題がないと判断された場合に契約手続きに移行します。

 

在籍確認の方法は、基本的に電話連絡で行われます。これは、ほとんどのカードローン業者が電話連絡を採用しているので珍しくはありませんが、理由によっては電話以外の方法で対応してもらえる可能性もあります。最初から電話以外の方法で在籍確認を行うと公言している場合は問題ありませんが、在籍確認が完了しないと契約できないため、電話による在籍確認が難しい場合には契約を断られてしまう可能性もあるので注意が必要です。