MENU

生活保護でも借りれる金融会社 どうしてもお金借りる必要があるなら

 

生活保護でも借りれる金融会社 どうしてもお金借りる必要があるなら

キャッシングやカードローンなどは審査さえ通ることができれば限度額内で何度でもいくらでも借りることができるため、非常に便利でいざという時にはとても役立ちます。

 

ほとんどの会社や銀行で条件に出されることといえば、安定した収入があって返済をきちんと出来るということ、満20歳以上であることなどがあげられます。

 

審査の際には年収や他社でどれだけ借金をしているか、個人情報など様々なことを調べられます。

 

特にそれまでのお金関係の情報は個人信用情報機関に全て記録されていますので、

 

申し込みする前にはこの個人信用情報機関を自分で開示してみるのも良いでしょう。

 

この情報機関の記録で審査にひっかかってしまうことが少なくないためです。

 

もちろんいわゆるブラックと呼ばれる状態になっている人の場合は審査に通るということは0に近いと考えておいたほうが良いでしょう。

 

では生活保護を受けている方は融資を受けることができるのでしょうか。

 

現実問題としてこの制度を利用しているということは自分だけの収入では生活をしていくことができないということを証明しているようなものです。

 

資産がなく、扶養者もいないというのがこの制度を受けることができる条件だからです。

 

そのため、もし正直に生活保護を受けているということを書いている場合には審査に通ることはかなり高い確率でありません。

 

つまり正直にそうだと書いて融資してくれる金融会社はありません。

 

もし生活保護を受けている方がキャッシングなどの審査を受けようと思えば、職業を書かなければいけません。

 

例えば申請をしてなんらかの自営業者となるのも一つの方法です。

 

しかしもしキャッシングなどで融資を受けたことがバレてしまった時には生活保護はストップされてしまう可能性が高いので、そこは覚悟をしておかなければいけません。

 

ですから、もしなんとか働くことができる元気があるのであれば、短時間のアルバイトでもパートでも良いので安定した収入を得るように働くのがベストです。

 

そうすればどうしてもという時にはキャッシングを利用することもできますし、申し込みする時にも職業欄に記入することができます。

 

職場への在籍確認の電話でも問題なく出ることができます。それに融資を受けてそれを利用するということは返済もしていかなければいけません。

 

キャッシュカードからお金を引き出す感覚でお金を借りるようになってしまうとついつい借り過ぎてしまう人は少なくありません。

 

そういう意味では生活するのが大変で生活保護を受けている方が融資を受けるのは良いこととは言えません。

 

一度贅沢する生活を知ってしまうとなかなか普通の生活には戻れなくなってしまうものだからです。

 

また毎月の返済をできなくなってしまう可能性もないとは言えません。

 

ブラックの方でも借りることができるものといえば闇金があります。

 

その名の通りあまりまともな会社であるということは期待できませんし、異常な利息の高さ、毎月ではなく毎週返済しなければいけないなどの無茶な条件をつけられることがあります。

 

そうなってしまうと利息を返済するのだけで精一杯になって元金がいつまでたっても返済できないという状態が続いてしまうのです。

 

そうするとそれをなんとか補おうと違う会社からお金を借りて返済するという自転車操業のような感じになります。

 

これでは生活を立て直そうと借りたこと自体が意味がなくなってしまいます。

 

生活保護の方は働いていればキャッシング会社の審査に通る可能性はありますが、融資限度額はそれほど高くはならないですし、つい甘い誘惑に負けて闇金に手を出してしまう方もいます。

 

闇金の怖さを考えれば絶対に手を出さないほうが良いでしょう。

 

生活保護は在籍確認できないけどお金借りる審査とおる?

 

生活保護でも借りれる金融会社 どうしてもお金借りる必要があるなら

生活保護を受けている人は、必ず無職であると一般的に考えられていますが、一定の範囲内であれば仕事を持つことができます。

 

従って、生活保護を受けている人でも、勤め先があるなら、在籍確認ができます。お金を借りる審査に通るかどうかは、保護を受けているかいないかではなく、あくまでも収入があるかないかです。

 

生活保護者は、自立支援という名目で生活費の援助を受けている人を指し、仕事をしていても働いた利益を申告していれば問題ありません。

 

失業保険の受給者が一定範囲内であれば、アルバイトができるのと同じです。失業保険を受給していたり、保護を受けていたりする人は、絶対にアルバイトをしてはいけないというのは間違った情報です。

 

ただし失業保険の受給者が、アルバイトで得た利益が一定額を超えると、支給される保険料から差し引かれるのと同様、保護を受けていながら働いているのであれば、それを申告することが義務付けられています。

 

そして働いた分の収入は、支給額から差し引かれます。その代り、働いているなら在籍確認ができるため、お金を借りることも不可能ではありません。

 

ただし総量規制といって、年収の3分の1を超える借入れはできません。

 

しかも年収の3分の1であれば、その上限まで借りられるということでもないので、注意が必要です。

 

また、生活保護を受けているということは、たとえ仕事をしていても、年収がかなり低いということなので、たとえ審査に通ったとしても、借りられる額はかなり少なくなります。逆に、ある程度のまとまったお金を借りる審査に通るということは、現在、安定した収入があるということなので、今度は生活保護が受けられなくなります。

 

しかし、少ない額でもよいから、今すぐとにかく借りたいというのであれば、例えばアコムなら、パートやアルバイトでも借りられます。

 

対象年齢は20歳から69歳までで、金利は年率4.5%から18.0%です。

 

他の大手消費者金融より、審査のハードルが低いと評判で、雇用形態に関係なく、申し込みができるのが特徴です。また一般的に50万円以内の融資なら、収入証明書も保証人も不要です。

 

尚、他社で借り入れがある場合、それが1件なら問題ありませんが、2件、3件の他社借り入れがあるなら、審査が困難になります。返済能力があれば他社借り入れが3件でも、審査に通る場合もあります。

 

しかし保護を受けている人が、その範囲内で仕事をしている場合は、返済能力が著しく低いと見なされる恐れがあります。さらに5件以上の多重債務者は、ほぼ借り入れは不可能です。

 

またアコムでは専業主婦の場合、審査に通りませんが、楽天銀行カードローンであれば、パートやアルバイトの他に、専業主婦でもお金を借りることが可能です。利用限度額は50万円までで、担保や保証人も不要です。尚、金利は年率1.9%から14.5%となっています。

 

ここまでは、保護を受けている人がその範囲内でアルバイトをしている場合の例でしたが、保護を受けている人で仕事をしていない場合には、勤め先の在籍確認ができないため、例外なくお金借りる審査には通りません。

 

消費者金融も営利を求める企業なので、安定した収入が見込めない人に融資すると、貸す側にとっては貸し倒れのリスクを背負うことになります。

 

さらに年収がゼロの場合は、借入限度額を計算をすることができないというのも理由の一つです。ただし配偶者に安定した収入があるなら、銀行カードローンで借り入れが可能です。しかし収入のある配偶者がいるなら、そもそも生活保護の対象にはなりません。従って無職の場合は残念ながら、カードローンでお金を借りることは困難です。

 

 

生活保護のキャッシング お金を借りる審査は通る?

 

生活保護のキャッシングについて解説をしたサイトはたくさんありますが、裏技的な方法について書かれたサイトもあるので注意をしておきましょう。

 

裏技的な方法でお金を借りてしまった場合、最悪のケースでは詐欺罪などに問われる可能性もあります。偽りの勤務先を記入した場合、偽物の収入証明書などを提出した場合などです。嘘をついてお金を借りることは、相手を騙すことになってしまいます。申込みのときには必ず正確な情報を記入するようにしておきましょう。

 

無職でもキャッシングを利用する方法として、闇金を利用するということが紹介されていることもあります。しかし、闇金も返済能力がない人に対してはお金を貸しません。お金を貸すのだとしたら、あらゆる方法を使って回収するつもりということです。家族や友人、職場なども巻き込んでしまう可能性があるので絶対に利用してはいけません。

 

基本的に、キャッシングは働いていて収入がある人でないと利用ができません。なぜなら、本人の給料などから借金を返していくからです。「貯金があるからお金を借りたい」という人もいますが、貯金があるならばその貯金を下ろせばよい問題ですので、審査で有利になることはないようです。

 

定期預金がある人はすぐにはお金をおろせませんが、定期預金を担保にしたローンなどを利用できます。生活保護を受けている人は資産をもてないので、定期預金を積み立てることはできず、この可能性はないでしょう。

 

キャッシングの審査において、年金が収入として認められるかどうかという問題は金融機関の判断によります。金融機関によっては老齢年金や障害年金を安定した収入として認めることもあります。消費者金融のキャッシングでは「働いていて安定継続した収入がある方」という条件がつけられていることが多く、年金収入のみの人は審査に通らない傾向のようです。生活保護で支給されるお金が「安定継続した収入」にあたるかどうかが問題となりますが、原則として収入としてはみなされないようです。

 

保護費が収入としてみなされないということでは疑いがありませんので、キャッシングの審査には通りません。

 

しかし、生活保護を受けている人でも、働いている人はいますので、もしも働いて収入を得ている場合には、その収入をあてにした借金ができる可能性があります。

 

独身で一人暮らしの人なら、月々の収入が12万円以下ならば生活保護を受けられる可能性があります。

 

この基準はエリアによって異なりますが、月々の収入が12万円以下という人は相談をしてみるとよいでしょう。

 

仮に、アルバイトをしていて月収が10万円であったとします。この人がするべきことは、もっと時給の良いアルバイトをしたり、働く時間を増やしたりして収入を増やすことでしょう。

 

しかし、能力を活用しても月々の収入が最低レベルにも達していない場合には、保護を受けられる可能性があります。

 

保護を受けられるとはいっても、能力は最大限に活用しなければならないので、仕事は継続して、足りない部分を保護費で補うという形になるでしょう。

 

それでは、アルバイトをしていて月収が10万円という人はキャッシングの審査に通るでしょうか。

 

「安定継続した収入」というのは、必ずしも高い収入を得ている必要がなく、毎月一定以上の収入があるということを意味します。

 

そのため、毎月10万円であっても安定して収入を得ている人はキャッシングの審査に通る可能性があります。

 

しかし、貯金があるわけでもなく、親から仕送りをもらっているわけでもないのに、どうやって月収10万円で生活をしているのだろうという疑問を持たれる可能性はあります。

 

学生の人ならば親から仕送りをもらっているということで、クレジットカードを作れる可能性はあります。

 

しかし、親からの仕送りがあったとしても自分の力で稼いでいるのでないならば、やはりキャッシングの審査に通ることは難しいでしょう。

 

結論としては、保護を受けている人はキャッシングの審査には通りません。

 

例外的に、働いていて収入を得ている人の場合には可能性がありますが、やはり収入が少ないために審査に通過することは難しいでしょう。

 

ここからは、仮に審査に通過してキャッシングの利用ができたケースについて考えてみます。

 

キャッシングで20万円を借りたなら、その人は月々の生活費を削って借金の返済にあてなければならないでしょう。月に1万円くらいならば返済をしていけるかもしれません。

 

ところが、生活保護のルールとして、収入を得た場合には申告をしなければならないという問題があります。

 

キャッシングで20万円を借りた場合ですと、20万円の収入があったとみなされます。

 

そのため、翌月以降の生活費から20万円が引かれてしまうことになり、なんのためにキャッシングを利用してお金を借りたのかわからなくなってしまいます。

 

つまりは、仮に審査に通過したとしても、お金を借りることにほとんど意味がないということです。

 

借金をすることは法律によって禁止はされていないものの、基本的には認められていないと考えておきましょう。

 

 

生活保護者がキャッシングするとばれて生活保護がストップされる?

 

生活保護では一定の額を支給してもらうことができますが、しかし必要最小限の金額でもあるため、やりくりが難しく感じられることもあるようです。その際にはキャッシングという選択肢が浮かぶかもしれませんが、生活保護の場合に利用できるのか、また利用した場合に問題はないのか疑問に感じられる点です。

 

そもそもキャッシングの申し込みができるのか否かという問題に関しては、基本的には申し込みをしても審査で落ちてしまう可能性が高いと言えます。お金を借りる以上、返済をしなければいけませんが、生活保護の立場ですとぎりぎりのお金しか支給されませんので返済で苦労する可能性が高いです。

 

金融機関としてもその状況をリスクと判断しますので、申し込みをしても審査で落とされてしまうのです。また、生活保護の場合、一般の勤め人が支払いを滞った時に行える、給与の差し押さえといったこともできませんので、それもひとつの理由にあり審査でハンデとなってしまいます。

 

生活保護の状況における規則の観点からもキャッシングは難しいと言えます。そもそも生活保護というのは、特別な事情がない限り、働ける人なら積極的に仕事を探すことをはじめ、贅沢はせず節制に励むことも求められます。

 

これは税金から費用が捻出されているという仕組み上、当然とも言えるもので、その中でもキャッシングにおいて関連するのが、節制に励む必要があるという生活保護法による決まりについてです。

 

節制を図るというのは生活保護法第60条の中の文言なのですが、要は無駄遣いをすることなく、与えられる資金の中で生活をしなければいけないという意味です。

 

このような決まりがある中で、キャッシングを行うというのはそれに反する問題と言えるでしょう。

 

最低限とは言え生活費が支給されている中、それでも足りないということは無駄があると考えることができ、やるべきはキャッシングでお金を作ることではありません。

 

勤労ができるのならばそれを目指すべきであり、無駄によって不足が生まれるのならそれを改善することが先決です。

 

したがって足りないからと安易にお金を借りてこようとするのは、生活保護における決まりにも反するものと認識しておかなければいけません。

 

それでももし、何らかの方法でお金を用立てるようなことがあった場合、生活保護に影響する可能性があるのかというと、場合によっては支給の打ち切りとなる可能性があります。

 

生活保護の受給者の場合はケースワーカーによる訪問調査を受けることになりますが、その際に怪しいところがある場合は打ち切りとなってしまうのです。

 

税金を使う以上、厳しく調査をされるのが生活保護ですので、バレなければ問題がないという考えでいることもできません。

 

そして不正受給が明らかになれば、保護費の返還や刑事罰を科せられる可能性もあります。

 

様々なことに規制が生じるのが生活保護ですので、受給をする側になった場合はその点を十分に理解しておかなければいけません。

 

もしお金に苦労すると感じている場合の対策ですが、病気で働けないなどの理由でもない限りは、生活保護を打ち切り働くのが一番良い選択肢と言えるでしょう。

 

生活保護は元の生活を取り戻すための足掛かりとなるものでもあるため、いつまでも甘んじているわけにはいきません。

 

問題なく働けるようなら速やかに仕事を探し、生活保護からも抜け出すことを第一に考える必要があるのです。

 

以上のことを踏まえると、生活保護の場合はお金を用立てることは難しいというのが結論です。

 

一刻も早く仕事を見付けて働くことが求められますので、お金を借りてくることを考えるのではなく、元の生活を目指す姿勢で日々生活することが大切と言えます。