MENU

生活保護でも借りれる金融会社 どうしてもお金借りる必要があるなら

 

キャッシングやカードローンなどは審査さえ通ることができれば限度額内で何度でもいくらでも借りることができるため、非常に便利でいざという時にはとても役立ちます。

 

ほとんどの会社や銀行で条件に出されることといえば、安定した収入があって返済をきちんと出来るということ、満20歳以上であることなどがあげられます。

 

審査の際には年収や他社でどれだけ借金をしているか、個人情報など様々なことを調べられます。

 

特にそれまでのお金関係の情報は個人信用情報機関に全て記録されていますので、

 

申し込みする前にはこの個人信用情報機関を自分で開示してみるのも良いでしょう。この情報機関の記録で審査にひっかかってしまうことが少なくないためです。

 

もちろんいわゆるブラックと呼ばれる状態になっている人の場合は審査に通るということは0に近いと考えておいたほうが良いでしょう。

 

では生活保護を受けている方は融資を受けることができるのでしょうか。

 

現実問題としてこの制度を利用しているということは自分だけの収入では生活をしていくことができないということを証明しているようなものです。

 

資産がなく、扶養者もいないというのがこの制度を受けることができる条件だからです。

 

そのため、もし正直に生活保護を受けているということを書いている場合には審査に通ることはかなり高い確率でありません。

 

つまり正直にそうだと書いて融資してくれる金融会社はありません。

 

もし生活保護を受けている方がキャッシングなどの審査を受けようと思えば、職業を書かなければいけません。

 

例えば申請をしてなんらかの自営業者となるのも一つの方法です。

 

しかしもしキャッシングなどで融資を受けたことがバレてしまった時には生活保護はストップされてしまう可能性が高いので、そこは覚悟をしておかなければいけません。

 

ですから、もしなんとか働くことができる元気があるのであれば、短時間のアルバイトでもパートでも良いので安定した収入を得るように働くのがベストです。

 

そうすればどうしてもという時にはキャッシングを利用することもできますし、申し込みする時にも職業欄に記入することができます。

 

職場への在籍確認の電話でも問題なく出ることができます。それに融資を受けてそれを利用するということは返済もしていかなければいけません。

 

キャッシュカードからお金を引き出す感覚でお金を借りるようになってしまうとついつい借り過ぎてしまう人は少なくありません。

 

そういう意味では生活するのが大変で生活保護を受けている方が融資を受けるのは良いこととは言えません。

 

一度贅沢する生活を知ってしまうとなかなか普通の生活には戻れなくなってしまうものだからです。

 

また毎月の返済をできなくなってしまう可能性もないとは言えません。

 

ブラックの方でも借りることができるものといえば闇金があります。

 

その名の通りあまりまともな会社であるということは期待できませんし、異常な利息の高さ、毎月ではなく毎週返済しなければいけないなどの無茶な条件をつけられることがあります。

 

そうなってしまうと利息を返済するのだけで精一杯になって元金がいつまでたっても返済できないという状態が続いてしまうのです。

 

そうするとそれをなんとか補おうと違う会社からお金を借りて返済するという自転車操業のような感じになります。

 

これでは生活を立て直そうと借りたこと自体が意味がなくなってしまいます。

 

生活保護の方は働いていればキャッシング会社の審査に通る可能性はありますが、融資限度額はそれほど高くはならないですし、つい甘い誘惑に負けて闇金に手を出してしまう方もいます。

 

闇金の怖さを考えれば絶対に手を出さないほうが良いでしょう。