MENU
じぶん銀行カードローン

 

じぶん銀行のじぶんローンおすすめする理由とは!?

 

1.即日融資可能

 

2.収入証明書原則不要

 

3.返済額は1000円から

 

銀行なので金利が安く、安心感がある

 

・誰でもコース  2.1〜17.4% ※auユーザー0.1%優遇!!
・借り換えコース 1.7〜12.5% ※auユーザー0.5%優遇!!

 

じぶん銀行カードローンの限度額は最大800万円

 

 

→ じぶん銀行は実際、審査厳しいです。無利息サービスがあるプロミスがお勧め

 

 

auウォレットお金を借りれる? クレカでキャッシングする際の注意点

 

auユーザーの3人に1人が使っているのがauウォレットは、

 

なんと世界3810万社のマスターカード加盟店で買い物ができます。

 

 

買い物すればするほどにウォレットポイントを獲得、

 

貯まったポイントはauウォレットプリペイドカードにチャージされるので、

 

ポイントを次の買い物にもつかえます。

 

エーユーウォレット最大の魅力は誰でもこの機能を持てることです。

 

通常なら本人確認証などをおくって

 

審査を経なければなりませんが、auウォレットは違います。

 

クレジットカードの審査は一切不要、発行手数料ももちろん無料、

 

年会費だって無料、

 

事前にチャージして使うプリペイド式なので、審査を通過するという手間をかけさせず、

 

誰でも簡単に所有できるのが最大の魅力です。

 

実に、auユーザーの3人に一人が利用しているんですね。

 

エーユーウォレットの申込手続きは簡単です。

 

au WALLETのサイトやスマホのアプリ、auショップから申し込めます。

 

au WALLETプリペイドカードが手元に届いたら、パソコンやスマホなどから利用開始手続きをとります。

 

機械音痴と言う方でも電話からでも利用開始手続きができるので安心です。

 

利用開始後はプリペイドカードにチャージ(入金)すれば、使えます。

 

こんなに簡単で便利なauウォレットには、

 

もう一つキャンシング機能がついています。

 

消費者金融の持つクレジットカードと同じように、必要なときにお金を借りて、月々で返済できます。

 

資金使途が自由なので、キャンシングできる場面は様々です。

 

→ 在籍確認のない消費者金融はこちら

 

語学教室や株式投資講座、

 

資格取得のための専門書購入、

 

友人との旅行や自分へのご褒美、

 

月末や病気など急に必要になったとき、

 

まとまったお金が必要だけど手元にない、

 

または、月々ゆとりを持って返済したい

 

などなど日常生活でしっかり活躍してくれるので大変便利です。

 

 

ただし、個人事業主や自営業者などが事業資金として使うことはできません。

 

あくまで個人が利用する範囲内での資金使途自由になっています。

 

 

現金を借り入れするなら、

 

全国の提携金融機関やコンビニにあるATMやキャッシュディスペンサーがおすすめです。

 

 

スマホやパソコンであれば、WEB上から借り入れできます。

 

この場合では、申し込み完了日の翌金融機関営業日の正午以降に、

 

プリペイドカードに振り込まれるので非常に便利です。

 

 

ATMやキャッシュディスペンサーを利用すると1万円を入金するごとに100円、

 

2万円なら200円の手数料がかかるので、

 

どうしても現金を受け取りたいという場合を除いて、

 

スマホやパソコンを使ってプリペイドカードに借り入れすることをおすすめします。

 

 

また、借り入れする際にはau WALLET クレジットカードと4桁の暗証番号が必要になりますので、

 

忘れないように紙などの書いて保存しておきましょう。

 

 

気になる返済方法は、毎月10日、融資利率は14.95〜17.95%(1年を365日とする日割計算)、

 

毎月元金定額返済方式でボーナスを併用返済したり、一部返済も可能です。

 

 

追加借入なしで10万円を借りた場合は11回(11ヶ月)返済、

 

20万円なら21回返済、

 

30万円なら31回返済、

 

40万円なら41回、

 

50万円なら51回返済になります。

 

返済が遅れてしまった時は年率19.92%の遅延損害金(1年365日の日割計算)が発生しますので、

 

返済の遅れには注意しましょう。

 

返済が気になる場合には、

 

au WALLETのキャッシングサービスサイトに返済シミュレーションを利用できますので、

 

希望する利用金額、月々の返済金額などを入力すると、

 

利息を自動的に計算するので、計画的に利用できます。

 

なお、借入時には担保や保証人は不要なので、誰にも借り入れを知られることはありません。

 

キャッシング機能を利用する際には、写真付きの本人確認証や収入証明書、

 

住所や電話番号などを記入した申込書を郵送し、審査を得なければなりません。